湖上横断!タウシュベツ橋ツアー
2016シーズン、1月10日からに決定。

nagagutu01_z_03.pngnagagutu01_z_03.pngnagagutu01_z_03.png
スノーシューを用い氷結の糠平湖を横断します

真冬の見学ツアーはスノーシューを用い、氷結した糠平湖上を歩いて行っています。往復約4キロメートルを歩きます。寒い気温そして雪の中を歩くため、平地や雪のない季節に歩く4キロよりはきついと思います。ただしゆっくりのんびりのペースで行きます。

IMG_3434.JPG IMG_3338.JPG IMG_1326.JPG

IMG_1415.JPG IMG_3543.JPG IMG_3544.JPG


「とかちばれ」のことばどおり! 冬の糠平の晴天率は90%以上です。

・日程/ 2016年1月10日(日)~3月6(日)・・・*氷の状況次第で変更になる場合がございます。
※1/22・26  2/7・15は別イベントの為、ご案内できません。大変申し訳ございませんが、何卒ご了承ください。 
・時間/ AM9:00~PM12:30  

・参加費/大人3,700円 (中学生以上から参加可能)スノーシュレンタル料込み 
※催行は原則2名からになります。お一人で参加の方は、他にお客様がいらっしゃらない場合は¥4,500で開催させていただきます。

・定員/7名 (8名以上はご相談ください。ツアーお申し込みはこちら

*集合場所:糠平温泉文化ホール(8時50分までにお越しください。)

*服装/スキーウェアなどの防寒着上下、防寒手袋、耳の隠れる防寒用の帽子、サングラス(ゴーグル)、
   防寒靴(長靴、スノーボードブーツなど)・・長靴は無料レンタルあり。

*レンタルウェア(ズボンのみ有料500円)あり


2014シーズンの橋の見え方(2014年1月~3月)・・冬は1日に平均20センチほど水位が下がってゆきます。

1/6
IMG_0646.JPG

1/14
IMGP1543.JPG

1/19
IMGP1570.JPG

1/25
IMGP1609.JPG

2/11
IMGP1640.JPG

2/18
IMGP1664.JPG

2/21
IMGP1670.JPG

3/11
IMGP1749.JPG

タウシュベツツアーQ&A・・良くある質問にお答えします。

Q1.スノーシューって何ですか?

A.早い話が雪中を歩くための道具で「かんじき」のことです。ただ外国から入ってきた形の「かんじき」でスノーシューという名がついています。「かんじき」よりも格段に歩きやすいです。 

Q2.湖の上を歩いて大丈夫ですか?(凍結した湖上横断の場合)

A.はい大丈夫です。過去ツアーで湖にはまった方はいません。厚さ20センチ以上のぶ厚い氷が張りつめる1月上旬から氷がゆるむ3月上旬までの時期限定で行っています。20年近く糠平に住み、糠平湖を見つめてきたスタッフが安全を見極めながら行っています。

Q3.スノーシューって初めてですができますか?

A.体力・身体的に日常生活レベルがあればスノーシューを扱うことは可能です。スキーと違って技術的にも難しさも無く、ただ歩くだけです。

まずは履き方から。
IMGP1649.JPG


Q4.どのくらい歩くのですか?(湖上横断の場合)

A.往復4kmを歩きます。寒い気温そして雪の中を歩くため、平地や雪のない季節に歩く同 じ距離よりはきついと思います。ただしゆっくりのんびりのペースで行きますので、ご安心を。

Q5.冬の北海道って、むちゃくちゃ寒いですか?

A.寒いです。しかし皆さんが考えてるほど寒さを感じません。気温はツアー中はマイナス5~マイナス10℃くらいです。しかしここ糠平は太平洋側気候ですので、冬は快晴の日がほとんどです。体感気温は日射しがあるため、そんなにも寒さを感じません。からっとした乾燥した空気の影響もあるでしょう。マイナス10℃以下ですとダイヤモンドダストがきらきら湖上を漂う幻想的な光景に出会えることもあります。寒さも楽しみのひとつです。

Q6.服装はどうすればいいのでしょう?

A.やはりそれなりの服装が必要です。スキーウェア上下、長靴又は防寒靴、手袋、耳が隠れる帽子、サングラス(ゴーグル)は必需品です。お持ちでない方はスキーウェア(ズボン)レンタル500円もあります。(数限りあり)

スキーウェアの下に着る服は、動きやすい服装かつ綿素材を避けた方が汗による体温の低下を防ぐことができます。

Q6.アーチ橋(タウシュベツ橋)には何分くらい滞在しますか。写真を撮る時間はありますか?

A.天候にもよりますが、30分ほど見学しています。写真もゆっくり楽しんでください。