Sorry! Japanese Only.

ようこそ 大地の学校 のページへ
radical wonder school  - since 1986 -


子どもたちに 自然豊かな 北海道の生活を

北の大地で牧場暮らし!

 大きな青空と緑の大地で 

  2017年夏の短期教室 応募受付開始!

ここを↓クリック
<大地>に来れば元気になる 生活教育重視の自然体験教室です


子供の自立、生活の躾を望む保護者に支持されて30年目!
元気な子、元気になりたい子、み〜んなおいで!!

我が子に家庭教育の留学を?!

<大地の学校>では 様々な 自然体験やスポーツに取り組みます

田舎の ゆったりとした学校に通う いわゆる山村留学も行なっています

でも それらの活動が目的ではありません

<大地の学校>は 生活の持つ教育力を指針にしている 家庭教育の場です

大自然の下での規律ある生活

そして ともに暮らす皆との協同性は 子どもの心を真っ直ぐに育みます

個別分散になった時代だからこそ 子育ては社会的に行ないたい

<大地の学校>農村留学とは 都会の親と田舎の親で 子どもを一緒に育てる試みなのです

こちらで<大地の学校>取材番組の映像をご覧になれます
クリック!


クリックすると別窓が開きます

単行本『大地の学校』 扶桑社発行

ご購入はこちらでどうぞ



『大地の学校という私塾は、全国からの青少年を預かり、田舎の学校に
通わせる、いわゆる山村留学を行なっている。そして、自然豊かな北海
道という地の利を生かし、子供たちを様々な自然体験やスポーツに取り
組ませている。しかし、主宰者である著者はよくある自然信仰、スポー
ツ信仰ともいうべき教育論者とは一線を引く。自然やスポーツが子供を
育てるのではない。それらは極めて大切、かつ有効な教育素材では有る
が、要となるのは、それらを通じて行われる人のかかわり様だと言う。
つまり、人間を育てるのは人間だということなのだ。人の土台となるも
のは、日々暮らしの営みの中でこそ培われる。この当たり前と思えるこ
とを見落としているのが現代なのだろう。著者は、自らの活動について
ウエブサイトでも多様な情報を提供している。それに拠ると、大地の学
校の本質は生活の持つ教育力を指針にした家庭教育の場という点にある。
大自然の下での規律ある生活、そして、共に暮らす皆との協同性は子ど
もの心を真っ直ぐに育むとある。この本は、著者家族が自らの家庭を開
いて教育の場とした希有な記録である。職業としてではなく、生き方と
しての教育を実践している夫婦の姿は、教育に悩む父母、教師の参考に
なるだろう。また、普通の子による残虐な犯罪が日常化してきた昨今、
机上の論でなく実践による教育への問題提起と言えよう。』(扶桑社/T)


短期教室 案内メールの申込  時期が来れば募集内容をメールでお知らせします
  〃  案内メールの停止

農村留学 応募資料セットの請求   農村留学への応募はこちらからどうぞ





 

 

 

 

このサイトは画面サイズ 1024×768 を基に作成しています
またJavaScriptCookieを有効にしてご覧下さい

〒080−1406 

北海道 河東郡 上士幌町 字居辺964番地
     生 活 私 塾  大 地 の 学 校  代表 森田真礼夫

お便りは こちらへ
おたよりは ↑ クリック!
 TEL 01564−2−3354 (受付:8時〜19時)

注意:番号非通知の電話や公衆電話からはつながりません


HP開設 1997年10月2日
COPYRIGHT BY 大地の学校

農村留学 応募受付中!

問い合わせは 電話かメールで 上記までお気軽に







北海道 Net Office Nakai