大きな青空と白銀の大地で

<大地の学校>

冬の短期教室 参加案内

 


     参 加 説 明 と 注 意 点           

★集 合 集合点呼は帯広空港で行いますので、出発に関しては各家庭で随時手続きして下さい。
     なお、小学生の場合は、空港カウンターには少なくとも1時間は早めに行って『子供
     サポート制度を往復で申し込みます。』と言って下さい。(無料です)
     必要書類に記入後、職員が児童だけを機内に引率し、帯広空港で出迎えている私に引
     き合わせをして頂けます。(書類での引き受け相手を書く欄には、森田真礼夫の名前と
     電話番号を書いて下さい。
なお、復路で使うので、控えは必ず本人に持たせて下さい。)
      また、当日の昼食には軽食を持参の上、機内で食べておくようにさせて下さい。

★解 散 小学生は集合時と同じく、子供サポートサービスで乗せますので、各空港での出迎えを
     お願いします。

★活 動 期間中、到着日と出発日以外は出来るだけ滑る予定です。 
     *毎朝<大地>での牧場仕事(動物の世話・雪かきなど)を1時間ほど行ってから出発。

★生 活 <大地の学校>は、常に農村留学生が生活し、また年間を通じて青年男女も数多く訪れ 
          ます。そのため、ここでは皆が気持ちよく生活するための取り決め事が有ります。
          <大地>で過ごすことで、他の人と共に生活する知恵を学べるでしょう。
     期間中は、おおよそ次のようなスケジュールで過ごします。
      
         06時00分 起床・家の掃除・動物の世話
                  07時00分 朝食・食事片付け
                  08時15分 スキー場に出発
                  08時45分 同到着
                  09時00分 スキー開始
                         (昼食)
                  16時00分 終了・スキー場出発
                  16時30分 <大地>到着・自由時間
                  18時00分 夕食・風呂・自由時間
                  20時30分 消灯

      自由時間は、よくトランプで遊んでいます。

★健 康 各種アレルギーや持病のある子について、保護者は必ず申し出て下さい。
        特定の薬剤などを使用する場合もお知らせ下さい。

★所持金 期間中の活動と生活に必要な費用は、参加費に全て含まれています。
     現金と帰りのチケットは、到着後一旦こちらで預かります。

★持ち物 ・着替え(下記参照) ・タオル ・バスタオル ・ハブラシ
     ・健康保険証(コピーで可)   ・ジャージーかトレーナー(上下とも)
     ・スキー用品
     ・ケガ病気時用治療費(念のために1万円を、名前を書いた封筒に入れて下さい)   

      *体の小さい子の持ち物は、手提げカバンにせずリュックサックに入れて下さい。
      *携帯電話/携帯音楽機/カメラなどは一切持ち込み禁止です。
      *短期生は、期間が短いので衣服は洗濯しません。下着類はその分を持参して下さい。
       両組を通して参加する人については洗濯して着用します。
      *<大地>近辺は雪が積もっているので、履いてくる靴はスノーブーツをお勧めします。

★スキー道具 
      *レンタルで借りる場合
           ・スキー靴と板・ストックのセット: 約2千3百円/日。
           ・スキーウエアー        : 約1千百円/日。

      *道具をレンタルする人も、スキー帽・スキー手袋・ゴーグルは購入が必要です。
             スキー場でも販売していますが、価格が高いので出来るだけ持参して下さい。

★スキースクール
      *スクールでの講習は1単位が2時間で2千5百円。2単位づつ受けます。
       遊ぶだけでなく、技術の上達を目指すのならこの機会に受けると良いと思います。
       講習を受けさせたい場合は、だいたいの金額を別途封筒に入れて持たせて下さい。
              私の方で、本人の技術状況と希望を聞いてスクールのコーチと相談します。
       予定のお金が余れば、そのまま持って帰らせます。


★初心者の場合について

      *今回が初めてのスキー体験の人、一人でゲレンデを降りて来れない人は、
       両組続けての参加をお勧めします。
 

事故の際の規定
期間中の参加者は旅行傷害保険の対象になっています。あってはならないことですが、
諸活動中の事故があった場合の保証はこの保険内に限らせて頂きます。

 

キャンセルの規定
各組集合日の10日前までに参加キャンセルの連絡を受けた場合は、頂いている参加費の
半額をお返しします。
それ以後の場合は、お返し出来ませんのでご了承願います。なお、航空券については、旅
行会社の規定に拠ります。

 

参加取消しの規定
参加者が、活動上差し障りのある行動を注意しても止めない時は、参加を取り消し実家に帰
って頂きます。
この場合、参加費は全額お返し出来ませんのでご了承願います。
小中高生の場合、ピアスや化粧、毛染めしての参加は一切ダメです。

 

短期教室Q&A 

ここに載っていること以外でも、ご質問があれば電話でどうぞ。

  Q:寝泊りは、どのような部屋ですか? スキーは何回する予定ですか? 
     それともう一つ! スキー板はどうするんですか?


  A:<大地>では、短期教室は全て寝袋を使います。部屋は短期教室用の広間を使い、
    室温を20度に保つように暖房が自動設定になっています。
    スキー場に行ける回数は、悪天候でない限り到着日と出発日以外の日全てです。
    板やウエアーなどのスキー用具は各自用意です。スキー場にはレンタルも有るけど、
    両組通しでの参加なら、この際にセット物の安いものでも良いから買った方が、お
    得じゃないでしょうか。
    せめて、ウエアーとスキー手袋と帽子だけでも買って持って来た方が良いと思います。


  Q:子供が一人で参加するのですが、帯広空港で大地の学校の方に会う方法は?

  A:子供サポートを申込むことで、航空会社の方が帯広空港で待つ私のところまで
    連れて来て頂けるのでご安心を。



  Q:子供は、スキーはまったくの初めてで1週間も続くか不安です。
    スキー以外の体験は出来るのですか?


  A:いざ始めれば夢中になる子がほとんどですが、他にも<大地>での雪遊びやリンクでのスケー
    トも出来ます。

  Q:スキー板等を持っている子供はそれを持参したほうがよいのでしょうか。

  A:はい。持って来て下さい。宅急便で送っても良いですよ。ついでに一言。
    初めての子によくある事なので、スキーをやらない親御さんの場合は注意して頂きたいことがあります。
    最近の板は、初心者でも上達しやすい、とても滑りやすいタイプのものになっています。
    これを「カービングタイプ」と言うのですが、人から貰ったということで古いタイプのスキ
    ー板を持って来る場合があります。
    その場合、カービングタイプより滑りづらいので上達が遅くなります。せっかくの機会なの
    だから、新しいタイプを使わせてあげましょう。量販店では板靴セットで数万円、ウエアー
    で1〜2万円くらいです。




  Q:
宿題とかは持ってきてはいけないものでしょうか?

  A:1週間なんて短いです。無駄なものは持って来ないようにした方が良いです。  

  Q:スキースクールの費用は、いくらぐらい予定すればよいですか?

  A:本人がどのくらい上達したいのかに依ります。
    分からない場合は、だいたいの回数分を持たせて下さい。
    当方で預り、本人の様子や希望を聞きながら受けさせます。
    余れば持って帰らせます。


  Q:子どもがアレルギーで喘息を持っています。少し疲れがたまったりするとその症状が
     出ることがあります。このような子供でも参加することは可能でしょうか?


  A:今は、ましになりましたが、森田家の長女も同じでした。
    親としては、だからこそ鍛えたくて小学生の時からスキーやスケートも
    積極的にさせましたが、よくゼーゼーと寝込みましたね。
    市販の風邪薬を飲ますと余計に喘息がひどくなるので医者通いばかりで困りました。
    気持ちは分かるので、参加させてあげたいです。
    ただ、同時に他の子供達も多く居るので発作の出た時にすぐに特別な対応をしてあ
    げることができないかもしれません。
    我が子ならそれでも一定我慢させますが、他者の子供となればそうもいきません。
    なので、子供さんの発作の程度と、そして親御さんの覚悟しだいでしょうか。


         <大地の学校> 代表 森田真礼夫     

                        080−1406

                        北海道河東郡上士幌町居辺964番地
                        <TEL>01564−2−3354
                        <FAX>      2−3357