ビート

 砂糖の原料になる作物です。2月から貯蔵を含めると12月までほぼ10ヶ月の期間作業を行う時間のかかる作物です。

ホーム 大根 ゴボウ じゃがいも 小麦 ビート 小豆

`

ハウス管理

ハウスかんり

ハウスが風や雪で壊れないよう管理します。

雪が降ると除雪機で除雪です。

ハウス鎮圧

はうすちんあつ

 ハウス内を鎮圧機で平らに固めます。

平らに固める事により作業や管理がしやすくなります。

ポット作り

専用ポットに土を入れ種を蒔き、ハウス内に並べます。

紙で出来たポットに土を入れ機械で打ち固めます。

種を蒔きます。

種はピンク色にコーテイングしてあります。

種の上に土を被せます。

種を蒔き終え土を被せたポットをハウス内に並べます。

水散布

みずさんぷ

出来上がったポットに水を撒きます。

時計で計りながらたっぷりと均一に灌水します。

苗ずらし

なえずらし

根切り

ねきり

ポットの下に空気を入れたり、根を切り強い苗にするため行います。

ワイヤーや鋼線を引っ張り根を切ることもあります。

鋼線での根切機

結構疲れます

整地、砕土

せいち、さいど

どの作物も同じですがロータリーハローにより畑の土を細かくしながら平らにします。

肥料配合

すじきり

ひりょうはいごう

ビートを移植する前に肥料をすじ状に畑に入れます

肥料をトラックの上から施肥機にいれます。

ビート移植

びーといしょく

ハウスで育てた苗を移植機ですじをきった上に植えます。

ビート移植(おやつ編) おやつの時間、事故防止の為にも大事な休憩時間です。 

農業を支える人達。話に花が咲きます

補植

ほしょく
機械でうまく植えることの出来なかった箇所を、手作業で補います。 筒状の専用のパイプを土に差し苗を補います。

サブソイラーカルチ中耕

ちゅうこう

ビートも少し大きくなってきたので、水はけが良くなるように金属製の爪を土に刺し、トラクターで引っ張ります。

移植から2週間目

これがサブソイラーの爪です。

畑を切り裂く感じです。

除草クリーナーカルチ

根腐れ病防除

ねぐされびょう

ぼうじょ

ビートの病気の一つである「根腐れ病」の予防に殺菌剤で株元を消毒します。

移植から9週間目

トラクターに装着したタンクからビートの根元だけ散布します。

`

褐斑病、害虫防除

かっぱんびょう

がいちゅうぼうじょ

葉を食害する虫や、病気に対して定期的に防除します。

十二月

収穫

出荷

しゅうかく

しゅっか

決められた日に集荷を行うためそれに合わせて収穫を行います。

ビートを山積みし、トラックが集荷に来るまでシートで保護します。

指定の日に10tトラックとショベルがやってきて運んでくれます。

おお!こんな立派な砂糖になって、、

まず葉を切り落とし

ハーベスターで収穫します。

集荷された後工場で糖分が測定され単価が決まります。通知が来るまでドキドキものです。

育苗土準備

いくびょうどじゅんび

来年の苗に使う土を準備します。

良く乾燥した土に肥料、土改材等を入れ混ぜ合わせます。

土を通して細かい土だけをパックに入れて次年度まで保管します。

ホーム 大根 ゴボウ じゃがいも 小麦 ビート 小豆