じゃがいも

 我が家では本年度は「メークイン」「北海コガネ」「トヨシロ」と3種類のじゃがいもを作付けいたします。

ホーム 大根 ゴボウ じゃがいも 小麦 ビート 小豆

種子消毒

しゅししょうどく
昨年定温倉庫に保管しておいた種芋を消毒しながら外に出します。

今年もおいしいおいもになってね!

種芋に消毒シャワーです。

いも選別&切り

いもせんべつ&きり

選別機を使い大きいサイズと小さいサイズに分けます。

大きなイモは2つに切り分けます。

整地、砕土

せいち、さいど
畑の土を細かくしながら平らにします。

収穫時にハーベスターに土の塊が上がってこないよう他の作物より丁寧に砕土します。

`

施肥&いも播き

せひ&いもまき
いよいよじゃがいもの種を畑に播きます。

種芋を機械が自動的に切りながら播種します。同時に肥料も筋状に入れてゆきます。

`

培土

(ばいど)

ロータリーヒラーでの培土作業

培土して25日後のジャガイモ

播種した1週間前後に土を細かくしながら、種イモを中心に土を盛り上げます。

なぜ土を盛り上げるのか?

 土を被せることにより地温を一定に保つ、芋の表面が日光にあたり緑色になるのを防ぐ、腐るのを防ぐ、芋は乾いた状態を嫌うので保水力を増加させる、茎が倒れるのを防ぐ、収穫時に土を芋と一緒にハーベスターで収穫し傷打撲等の損傷を防ぐ、等々色々な効果があります。

`

病害虫防除

びょうがいちゅう

ぼうじょ

疫病等病害虫の防除を定期的に行います。

馬鈴薯(コガネ)の花

花が散ったワセシロ

疫病は馬鈴薯の大敵です。高湿多雨の状態で多く発生します。放っておくと畑全体に蔓延し、ジャガイモを腐らせます。

疫病が出るとこの緑の畑も黒っぽくなってしまいます。

収穫1ヶ月程前の肥大中のワセシロ、

`

茎葉処理

けいようしょり
専用の機械で葉と茎を細かく砕断します。この作業により、ジャガイモの二次成長を抑え変形を少なくします。

`

収穫

しゅうかく

ジャガイモの葉が黄色くなり適度な大きさになった頃収穫を行います。

ポテトハーベスターという収穫機で堀り上げます。速度はゆっくり見えますがやっている方は真剣です。

コンテナに入れられたメークイン

ジャガイモと一緒に堀り上げられた土や茎等を取り除いたり規格外の芋を手により選別します。

トラックに積み込み農協等に運んで行きます。

ホーム 大根 ゴボウ じゃがいも 小麦 ビート 小豆
.