小豆

 十勝名物のあずきです。気候に左右されやすい作物です。

ホーム 大根 ゴボウ じゃがいも 小麦 ビート 小豆

整地

せいち
播種前に整地をします。種の深さが一定になるように砕土よりも整地に気を使います。

播種

はしゅ

2〜3粒を一定間隔で播きます。

回転している丸い板の穴から豆が落ちます。

後は霜と風の被害を受けないことを祈るだけ。

発芽

はつが
播種から約2週間前後で左の写真のように芽が出ます。

中耕、除草

ちゅうこう、じょそう

機械での除草作業。

`

中耕、培土

ちゅうこう、ばいど

地温上昇、雑草処理を目的にカルチで中耕を行います。

七月の下旬頃に仕上げの土寄せを行います

初期の中耕作業

中耕作業

最後の仕上げ、培土作業

`

開花、防除

かいか、ぼうじょ

7月の中旬頃から花が咲きます。

黄色いのが小豆の花

さやです。病気や虫の被害に遭わないよう定期的に防除します。

`

成熟

せいじゅく

さや、実が成熟し水分が下がってきます。

青かった豆が赤くなってきます。

真っ青だった小豆畑が茶色っぽく変色してきます。

`

刈り取り

かりとり

豆が成熟したら刈り取りを行います。

さやから豆が飛び散らないよう水分の多い早朝に収穫します。

この機械は乾いてからも収穫出来るスグレ物です。

豆が成熟しきってない場合にはニオ積みを行うこともありますが最近では滅多に見られません。

`

脱穀

だっこく

十分乾燥したら脱穀(だっこく)します。

小豆を脱穀機に投入します。脱穀機内のドラムの回転により豆を取り出しふるいやとうみで茎莢殻等を除去します。

最近では刈り取った後、脱穀機が茎莢を拾い上げ脱穀する方式(ピックアップ)が主流となりつつあります。

ピックアップによる収穫の様子。労働力が大幅に削減されました。

脱穀された小豆。この後出荷、調製され主に和菓子等の原料になります。

脱穀し終わった殻の上でひと休み。

ホーム 大根 ゴボウ じゃがいも 小麦 ビート 小豆