本文へスキップ

TEL. 0155-59-2101

〒089-1182 北海道帯広市川西町西3線73-2

会社方針CONCEPT


■丸十木材の取組み

 
〜風土に根ざし、人を育てる〜


■木材の地産地消

現在、2×4工法の住宅に使われている木材の99%以上は海外からの輸入木材です。丸十木材では木材の観点からも地産地消を考え、全国初の試みの100%道産材を使ったモデルハウスを完成させました。
このモデルハウスは国産木材の消費を進めている林野庁の補助を受け、道内産のカラマツやトドマツが住宅材として普及可能かどうかを製材業者・建築業者・林産試験場などで共同研究。そして、寒冷な厳しい北海道の気候に耐えてきた道産材は、品質はもちろん強度面でも輸入材に引けを取らないとの結果がでました。
住宅用木材として申し分ない道産材を広くPRして、北海道産の木材を丸十木材が用意し、地元の建築業者が建てる、木材の地産地消に取り組んでいます。



ツーバイフォーパネル工場

2×4工法とは、19世紀はじめに北米で生まれた建築技術。
枠材と面が一体化していることから耐火・耐震性に優れ、高気密・高断熱の住宅を実現します。十勝ではこの工法が30年も前から普及しており、近年ではパネルを工場内で加工することで、建築現場で雨や風の影響を受けることを少なくし、工期の短縮にもなるメリットがあります。
そして、工務店さんがより仕事がしやすくなるよう品質管理を細かくチェックし、より高品質な住宅資材を供給しています。



■人材育成

良い製品をつくるのはもちろん、企業が成長して良い製品を供給し続けるためには良い人材が必要。
従業員のチームワークを大切にプロフェッショナルな人材育成を心がけています。


■丸十木材 親睦会は年に3〜4回行われ、社員と家族で親交を深めています

   


丸十木材株式会社

本社 製材工場・木材建材部     在来プレカット工場
 〒089-1182
 北海道帯広市川西町西3線73-2
 TEL: 0155-59-2101
 FAX: 0155-59-2424
 月〜土 7:40 〜 17:00

ツーバイフォーパネル事業部
 〒080-2459
 北海道帯広市西19条北1丁目5-15
 TEL: 0155-58-5151
 FAX: 0155-58-5155
 月〜土 7:40 〜 17:30
 panel.land@marujyu-lumber.com

釧路支店・ツーバイフォーパネル工場
 〒084-0925
 北海道釧路市新野24−1055
 TEL: 0154-57-2222
 FAX: 0154-57-2223
 月〜土 7:40 〜 17:00

札幌工場・ツーバイフォーパネル工場
 〒061-3244
 北海道石狩市新港南2丁目3717-1
 TEL: 0133-77-5150
 FAX: 0133-77-5155
 月〜土 7:40 〜 17:00