スタッフ紹介
いつかレイクインの味に挑戦
湯宿くったり温泉レイク・イン
裕さん

ニックネーム:ゆたかさん
出身:名寄町

のんちゃんレポ
 東京のイタリアン料理店で10年勉強をしてきた船橋さん。その後富良野町のホテルでシェフとして働いてきましたが、2年半前からレイクインに勤めている。ちょっと十勝も見てみようか、のノリで来てみたけれど。この地域との出会いは人生を変えるものになる。そんな実感を抱いて料理を作ってました。

この新得で料理を開拓し、レイクインの味をつくりたい
 レイクインに入った雰囲気は、気取った感じのない、気疲れしない雰囲気を持っているでしょ。この雰囲気がここの魅力。
 ここは自然の中にひっそりとたたずむ施設。すぐ横に湖があり、山に囲まれてゆったりのんびりできる。それがここの自慢。
 十勝に来た動機は正直、なんとなく行ってみようかだった。しかし、ここでの2年半の間でこの地域をもっと知って、ここだけの味をもっと追求していきたいと思うようになった。


レイクインブランドの名物料理としての評価をもらうこと
 この地域で作られた食材には、いいものが沢山ある。山菜、鹿肉、宝来マス、やまべ、チーズなどの乳製品加工品。いいものを使って最高の調理を提供すること、レイクインの食事は特徴があってまた食べたい。そう認めて頂ける料理を追求していきたい。
 地元の人に多く利用して頂いていることもあるので、日常的なメニューを提供することも同時に考え、その中で模索しながらメニューを開発している状態。


鹿肉のシチュー
 お勧めしたいメニューの一つが鹿肉のシチュー、もちろんエゾ鹿。鹿肉の独特の臭みが苦手な人もいれば、好きな人もいる。しかし苦手な人にも美味しく食べて頂きたい。そのための下処理や扱う肉の状態をきちんと把握し、肉のうまさを引き立たせる工夫が必要。この鹿肉を使ったメニュー展開を検討している最中で、実際商品としてバリエーションをもつまでにまだ若干の期間が必要ですが、喜んで頂ける納得のものを提供します。


 
オーナーの思い | スタッフ紹介 | 施設情報