オーナーの思い

三股にたった一件のカフェレストラン
三股山荘
田中 康夫さん(Yasuo Tanaka)

施設メニュー: 



 都市化が進む中、三股は過疎化が進みました。
そして、周りをニペソツ山や、石狩岳等の山々に囲まれた何もない風景は、時にはそこに立ち頭を空にするのも、未来を想うのも、あるいは過去を振り返る場所としても適している様に思います。
 当店は、そういった時間を大切にしていきたいと願っています。
店内の1つのコーナーには、動物画家 田中豊美さんの三股周辺を背景にした動物画を、また別のコーナーには、かつての三股の写真や絵、昭和50年頃の十勝三股駅を当時走っていた列車(鉄道模型Nゲージ)と共に、ジオラマして置いています。
 客席は30名程度ですが夫婦二人で営んでいますので、10名様以上の団体のお客様には対応していません。
営業時間は、午前9時30分〜午後5時30分迄です。
また、定休日は毎週月曜日で、祭日が重なった場合には、その翌日が休みとなります。


 
オーナーの思い | 施設情報 | 体験者の声