十勝はこんなところ!情報BOX

観光施設サーチ

とかちの歴史、それは厳しい開拓の歴史でした。大地に降り積もる雪にも挫けない心が今の十勝を育んだのです。


和人による十勝開発の始まりは、寛文6年(1666年)
 松前藩が「ビロー場所」を設け、十勝農試アイヌと交易を始めたのが和人による十勝開発の始まりです。
 明治2年(1869年) に開拓使が設置されると、静岡は大津(豊頃町)に役宅を設け、役人を派遣して十勝の一部を支配し、 2年後(1871年) に農家数戸を入植させました。これが十勝における集団移住の始まりです。

十勝原野の本格的調査のきっかけはバッタ騒動!
 明治12年(1879年) に十勝でトノサマバッタが多発し、 その大群が翌年には日高山脈を越えて胆振、石狩地方にまで移動する騒動がありました。このバッタ騒動から十勝原野の本格的調査が始まり、広大な原野の全貌が明らかにされます。やがて植民地選定が行われ、 明治29年(1896年) 以降移民に開放されることになりました。

明治16年 開拓団「晩成社」依田勉三入植により十勝農業の基礎が築かれる
 この開放以前、 明治16年(1883年) に、静岡県加茂郡の依田勉三を中心とする「晩成社」が開拓団を組織して帯広に入植し、十勝川流域の沖積地から開拓は始まったのです。
 明治30年代に入って次第に周辺の台地にも及び、瘠薄な火山灰土の不利な条件を克服しながらも、今日の十勝農業の基礎が築かれたのです。 明治30年(1897年) に福島県から豊頃村に入植した二宮尊親ら「興復社」もそのひとつでした。

 明治40年(1907年) に道央との鉄道が開通して農作物輸送が円滑化され、さらに新しく移住してきた人々によって、飛躍的に開拓が進めらていきました。

WEST ERIA 「とかち開拓の思い出」

●新得町 鉄道のマチ、新得

●鹿追町 鹿追に最初に入植したのは1902年

●上士幌町 上士幌は湿地帯で冷害常襲地帯

●士幌町 馬耕で成功した中士幌原野

●清水町 国道38号線と清水市街

観光施設サーチ観光施設サーチ