観光施設サーチ
鑑賞
伝統農業保存伝承館
 士幌町発祥の地である中士幌地区は、士幌本町から南へ約10キロに位置し、中心に市街地が形成され、周囲を農家が囲む集落でした。
 中士幌地区は明治31年、岐阜県美濃市郊外の農民が美濃開拓合資会社を組織し、士幌町における最初の開墾を行った地区でもあり、今も開拓団の二世、三世が農業経営を行っています。
 伝統農業保存伝承館は、将来を担う子供たちをはじめ、多くの人達に、昔を知ってもらう目的で建設されました。体験実習をとおして、開拓当時からの先人の農業や生活のようすを知り、たくましい開拓精神を学ぶことを目的としています。


先人のたくましい開拓者魂を知ってほしい
所在地 北海道河東郡士幌町字中士幌幹線86番地
開館案内 5月〜10月 9:00〜17:00
11月〜4月 10:00〜15:00
休館日 月曜日、年末年始
入館料
お問い合せ 士幌町教育委員会
TEL 01564-5-2211(内線612)
FAX -
E-mail -
URL -
交通 ・JR帯広駅よりバスで35分
・帯広より車で25分
駐車場 完備 普通30台

オーナーの思い | 施設情報