title
トムラウシ温泉の始まり・・・
余りに辺境の地にあったため、人の手に染まらないまま半世紀、そして幽玄の湯の里としてようやく昭和40年に町営によって
温泉が開発された。トムラウシの広大な流域には、今日まで数多くの温泉が、山の関係者や調査隊などによって、あちらこちらで
発見されているが、宿泊施設の整った温泉はここ一軒だけである。昭和のはじめのころより、新得の市街に住む小栗萬一氏が、
仕掛けワナなどを持って山のけものをもとめながら、このトムラウシ流域を仕事場にしていた。

戦後、十勝川上流の森林資源開発が急速に進められ、林道が開かれたこともあって、早くに開発されたトムラウシ温泉は、今日に
おいても東大雪一円の登山コースの拠点として知られ、大きな役目を果たしている。
新得市街からおよそ58km、屈足市街からは道道忠別ー清水線が広漠とした畑地帯を縦断し、上流部の渓谷地へと延びている。
快適な道路はトムラウシ原野の尽きる二股で消え、ここからトムラウシ温泉までの約12km(現在当荘手前8km)は、東大雪の山岳地
を縫うように上り勾配と、カーブの連続の山道である白雲台と名づけられた展望台を過ぎて約3.5km、右方はるか深い渓谷の辺りに、
湯煙の立昇る光景が目に入る。
このトムラウシ温泉は、原生林を切り開いたわずかなユートムラウシ川沿いの台地に、町民保養所”東大雪荘”を町営で開業したのが
昭和40年、定期バスも路線も開かれて華やかなスタートを切った。翌年にははや民営温泉二軒が観光客を受け入れ、秘境ブームに
刺激されてか、シーズン中は貸し切りバスが引きもきらず、この温泉郷は時ならぬ人々で賑わった。
しかし袋小路の地理的条件のうえ、遠隔の不便さも重なって客足もしだいに遠ざかり、民営旅館は間もなく閉鎖し、今日では国民宿舎
として東大雪荘がひとつ、東大雪の自然を慕って訪れる人々を迎え入れている。(新得町史より)



望岳台展望台より

花の山として有名な
日本百名山「トムラウシ山」

山麓周辺には溶岩台地がとり囲み、
湿原やたくさんの花畑が堪能できます。

(望岳台へは東大雪荘より3.8Km,車で約10分)

トムラウシ山 頂上

なきうさぎ トムラウシ山















「霧吹きの滝」


「霧吹きの滝」

滝の高さは60Mもあります。
歩くのは大変だけど見る価値あり

2010年も雪のため遊歩道の途中に倒木並びに
崩落、現在通行止めのためご覧になれません。
秘奥の滝

「秘奥の滝」

十勝川の最上流部にある滝。見ているだけで
心が洗われます。

2010年も遊歩道は崩落の為、
通行止めでご覧になれません。


オプタテシケ山 2,012m


白雲台展望台近くにて
二ペソツ山


白雲台展望台近くの林道より撮影

樹海に浮かぶ「十勝岳連峰」


北海道の中心を南北に結ぶ山々。


霞の滝(かすみのたき) トムラウシ川支流第3トムラウシ沢
高さ およそ15m 渓流瀑 段滝 
林道内奥にあり滝への入り口標識は明示してありません。
霧吹きの滝・秘奥の滝とは違い豪快さはありませんが涼やかな滝です。

logo


施設大浴場秘湯料理リンク
料金案内動物大雪荘周辺宿泊予約交通案内