企業団について

事業の概要
企業団の組織
財務・経営状況
施設の紹介
アクセス

インフォーメーション

入札情報
水質情報
企業団例規集
関連リンク


〒089-1371
北海道河西郡中札内村
上札内西1線328番地

TEL:0155-69-4114 /4115
FAX:0155-69-4224
E-mail:wakqua@netbeet.ne.jp

●業務時間
平日午前9時〜午後5時30分まで

施設の紹介

貯水施設

当企業団は、十勝地方の中央部一円を供給対象とし、構成団体1市4町2村の受水地点が10ケ所で、標高も+ 77.50mから+296.55mと大きな落差を有するもので、水源は札内川ダムに求め、ダム下流約 6.5qの頭首工取水口から取水し、さらに下流約10qにあるなかとかち浄水場まで自然流下で導水しています。

送水施設は、主たる送水管路を自然流下で送水し、標高差が大きいため途中に減圧弁施設を設けています。

施設関連資料

pdf 『用水供給施設平面図』
pdf 『施設間距離及び所要時間』

各施設の詳細

札内川ダム

◆貯水施設
    札内川ダム(多目的ダム)を水源とし、 計画1日最大取水量 106,100 m3/日。


札内川頭首工

◆取水施設(札内川頭首工)
    取水口は、ダム下流約 6.5qに既設第1号砂防ダム下流右岸に設置。


◆導水施設
    導水管 φ1,000 mm L= 8,060m   計画導水量 106,100 m3/日


◆浄水施設
なかとかち浄水場     原水は浄水場着水井に流入し、着水井よりの原水は、混和池を経て、フロック形成池・横流式傾斜板沈でん池・重力開放式急速ろ過池を経て塩素滅菌の後、浄水池に貯め、自然流下で供給されます。

河川水の低濁度時を想定し、直接ろ過法も可能な施設となっていますが、クリプトスポリジウム対策として使用していません。

管理棟には、電気室、中央監視室を設け、遠隔による施設全体の管理・監視・運転操作を行っています。
なお、浄水池は、送水調整、災害時対策を考え、計画送水量の3時間分の15,000m3の容量があります。 現在の浄水処理能力は、60,000m3/日となっています。

浄水施設は第4期の計画で、119,390m3の送水能力を持つ施設として計画されましたが、水需要の低迷から第3次拡張計画の実施を延期しています。


◆排水処理施設
    浄水場(沈澱池、ろ過池洗浄)排水は、排水排泥池に入れ滞留させ汚泥濃度を高めた後、天日乾燥ろ床に移送します。
排水排泥池 4池  天日乾燥ろ床 9床


◆送水施設
    送水施設は、自然流下を原則とし高水圧対策として管路途中に減圧施設を設ける。 又、管路の事故、地震時の対策として、4ケ所の緊急しゃ断施設を設ける。
分水地点10ケ所の分水量及び管路途中の流量・減圧施設・緊急しゃ断施設の情報は、浄水場中央監視室で監視可能としました。
なお、7ヶ所の分水地点には、送水調整池を設け緊急時に対処するものとしました。 送水能力 60,000m3/日 送水管 φ1,000 mm 〜 150 mm L= 96,380 m